投資にはいろいろな種類があります

金貨投資について、その魅力とメリットや注意点などをご紹介していきます

金への投資、市場の動向は?


金への投資の魅力は、何よりも価格の安定性にあります。金の値段は長期で見るとだんだん上がっていることが分かります。具体的には、2011年始の段階で3500円前後だった値段が、2015年始には4600円になっており、時間が経過するごとに値が高まってきていることが分かりますね。もちろん一時的に下がることもありますが、株式などのように乱高下するわけではなく、安定的に上昇してきているのが金への投資のポイントです。一応下がっている例を挙げるならば、2013年2月頃の価格がピークに達しており、4900円程度にまで上昇、その後下降していき、2013年の年末頃には4100円程度にまで下落、そこからは先に紹介した通り4000円以上へと復帰しているという状態です。

このように、市場の値段は一時的に上下することはありますが、金は株式と違って現物への投資ですので、安定的で、一挙に損をするということが無いのが魅力です。金意外にも銀やプラチナなどについても同じく、値段が安定していますので、貴金属への投資はリスクが少ない、と覚えておくと良いでしょう。ただし、リスクが少ない分、リターンも少ないと言え、この投資だけで財を成すということはほとんどできませんので注意してください。